<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 雨→豆アジ→青物??? | main | 3人でサゴシ!!大阪湾ムコイチでした!! >>

タケダ式・元祖 豆アジングのススメ!!

961.jpg
964.jpg
963.JPG
962.JPG


風もなくまったりしていたので今夜も豆アジ!まだ時期もほんの少し早いし数もサイズも昨年とはずいぶん違う状況ですが、一度始まるとついつい夜な夜な行ってしまう秋の豆アジです(笑)
今や釣りをする人で「アジング」という言葉を知らない人は少ないと思いますが、ここ泉南もイカと合わせてアジンガー(アジ釣る人)も驚くほど数多く見かけます! 「とにかくデカいアジ釣りたいねん!」っという人は船に乗るか情報収集と場所取り覚悟で遠投フロートな釣り?になるようですが、アジは年波(周期)やその年の付き場もあるよーなのでなかなか毎度そーうまくはハマりません!!

で、そんなデカアジも楽しいんですが、タケダさんの日常のアジングは豆アジを含めた「お手軽なアジ釣り」が主(だってマイペースで釣れるから!)。
基本は釣り味を考慮して軽量ジグ単。いい魚と群れが来ればピットスティックアジ!というのが僕のテッパンですがどうやら今年はまだアジのサイズも小さく超メジャー場は既にスレまくっているのかタイミングによってはかなりな手強さもあります。そりゃー手軽な場所で20cmクラスがたくさん釣れてくれるようなナイスな場所にお住いの皆さんは最強ですが、いくら地方とはいえそのような場所はそう多くはなくて、結局この激戦区大阪湾や泉南のように「小こいけど釣ったるねん!」っという釣りになります(笑)
...でも小さいからと言ってガッカリしててはイケません!メバルゲームの初期から口酸っぱく行ってますが、「魚のサイズにタックルを合わせる」ことがライトゲーム(小物釣り)の基本の楽しみ方。

ルアー(ジグ単)で釣れる豆アジのサイズはおおよそ10cm〜16cm(それ以上は通常アジングと呼ぶんでしょうか(笑)?)さすがに10cm以下クラスは狙っても物理的になかなか釣れてくれないし、さすがに面白みも少ないので外しますが10cm〜16cmほどのアジはこれはこれでなかなかの面白さがあります!!
キモは「軽量バランスタックル」と「アジのサイズに合わせたジグヘッド&ワーム選び!」 このバランスが絶妙で「そんなもん小さしたら釣れるやろ?」っとどんどん小型化し過ぎる...のは素人考え? 不思議なものでそこはルアー、JHのウエイトがあまりに軽すぎたりワームがあまりに小さすぎてもそれほど劇的に釣れる訳ではありません(ある意味凄い(笑))!!

ズバリ、最もよく釣れる豆アジサイズ=10cm-16cmには0.4g/0.6g/0.8g(もちろん小バリ)あたりが中心。(とにかくアジが湧いていて何グラムであろうが当たってくるとか、0.2gや0.4gで表層を早めに引けば食うとか1g以上でとりあえず遠投さえすれば食ってくるような場合は関係ありませんのであしからず!)
ワームは1〜1.5インチ。(アジが18cmを超えれば2インチ以上も!)

次に重要なのはその軽量ルアー(JH+ワーム)をストレスなく手返し良く釣りができるロッドとリール、そしてライン。(釣果の最先端は糸にあります!)
ロッドはもちろんul6Rocksteady!!(はい、最強です!(笑))
ラインはPEなら0.2号以下、フロロなら1.5ポンド以下、元々細いラインナップのエステルはもちろん!
糸の話になりますが、PE、フロロ、エステルとすべてを毎回使い分ける?なんちゅーのはやっかいな話!糸にはそれぞれ長短の要素がありますから要はまず「使い慣れること!!」これがまた実際PEだけ釣れるとか、フロロだけよく当たるとかいう日もあったりするからコワいけど、まずは「俺はフロロ、俺はPE、俺はエステルかな?」っと選べるくらい使ってみてください!初心者にはフロロの2ポンド以下(出来れば1.5ポンド以下)を進めます。(細いとか言われても、そこは対豆アジなんで!)
バランスタックルと使うサイズのJHそしてワームが決まればもう半分爆釣です(笑)!! あとは豆アジのいる場所&時合いを狙えるかどうか?幸いなことに食欲旺盛な豆アジくんたちの群れは常夜灯下などで直視できたりしますので!

で、ここから!...豆アジが湧きに沸いて「もしかして夢の100匹釣り???」なんて日に出くわせば勝手にアジングはうまくなります(笑)でももちろんいつもそうではありません!今夜のタケダさんのように「ひとりしっぽり堪能」するにはやや活性の下がった豆アジをうまく釣っていくことになります。

もちろんこんな日や場所で100匹釣りはありません!ただでさえ短時間の遊びです。20匹釣れれば100点!10匹釣れれば85点!状況によっては5匹でも、3匹でも満足できる日もあります!釣れた匹数ではない喜び!=「自分が思ったように釣れたかどうか?」

...これこそが釣り、ルアーフィッシングの醍醐味であります!!!!
「表層には反応はなく、目視もできず、、、でもリトリーブを止めると不意に当たったり糸を張りながら沈める(潮に合わせてわずか0.4g0.6g程度のJHを流す感覚)などすると反応が出て、そのうちに投げる距離や角度、沈め方や巻き方で徐々に豆アジの付き場や活性状況が見えてくる釣り!!「食わせる豆アジング」であります!!

 今夜はまさにそんな夜! 0.4gではどうも当たらず、0.6gで沈めるとバイトが出るものの頻繁ではなく、かといって0.8gでボトム近くまで早めに沈めるとまったく当たらず...。無風ベタ凪、水深は2mほどの薄暗い常夜灯の明かりが効くポイントでした。
すでのこの時期沿岸部に(釣れるサイズの)豆アジはたくさんいます。でも全部が全部釣れる場所でもありません。群れの固まる場所や活性の高くなる場所、そして時間やわずかな釣り方の差で一気に反応が変わることも!

こんなタイミング(自分のひらめき?)に出くわして、たとえほんの数匹でも反応があれば大満足の釣りとなりますので!「たかが豆アジ、されど豆アジ(笑)」...こういう遊び方が本来の楽しみだと思います!!
もう一度注意点を言っておきます!
タックルバランスは重要!
糸(ライン)の細さはとても重要!
ハリの大きさも重要!
よく釣れるというワームを使うことも重要!
そして優しく静かにアプローチすること!

...これで思いっきり楽しめます!!!!!




Dairy | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

この記事に対するコメント

豆アジホンマに手強いんよな〜そこがおもしろいんじゃけどな(笑)
トミー | 2017/09/07 12:30 PM
手強いねぇー(笑)!!
takeda | 2017/09/07 1:05 PM
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.go-phish.com/trackback/3500
この記事に対するトラックバック