<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

チヌTOP...カマス!!

9103.JPG
9105.JPG
9104.JPG

9108.jpg
9107.JPG
9106.JPG
数日四国に釣りに行ってるというのぞみちゃんから届きました!連日チヌ探し!さすがです!!まだまだ日差しは夏モード!デイゲームは暑そー!!偉いっ!!(笑)いけるとこまで狙うチヌTOPです!! ナイスサイズ連発!!!!!

そしてタケダさんは「サンデーカマス」!!またまたあちこちで釣れておりますが「ちょっとニューポイントで?」っと勇ましく向かったもののサカナバサミ忘れましたし(笑)。こうなると「カマスあるある」?...やや下がった僕のモチベーションに対してカマスはやる気満々!!しかも今日はSTS(SolidTipSoftication)なのでショートバイトもよく掛かりますが足場も高かったので釣れた後も「どーしよかな?」っと躊躇するたびにポトンと海へ(笑)お察しのとおりペンチだけではランディングには相当なロス!写真を撮るのも大変です(笑) みなさんカマスやアジにはヘッドライトにサカナバサミ...絶対お忘れなく!(笑)で今日のカマスはプチラッシュ!澄んだ潮にはカマサー(ハーフミラーグリーンGB)が効いたみたいです!!






秋なのでウェーダー新調しました!!
9101.jpg
まもなくタケダさん、秋のスズキも開幕しそうなのでウェーダーを新しくしました!おなじみリトプレさん、色もサイズもバッチグーであります!(笑)おそらく各社ともだと思いますが、ハイシーズン前にはウェーダーの在庫も少ないようですから皆さんお早めに!!そりゃ好きなの欲しいもんね!!!
Dairy | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

きたーっ!9月のカマサー!!!!!

996.jpg
997.jpg
995.jpg
993.jpg
994.jpg
992.jpg

「行きませんか和歌山?」っと、じょーちさんが来てくれたので南下! 夕マズメからカマスラッシュスタート!!!
「おるねぇー!!」(笑)ローライトから暗くなるまで今日はアラハダレインボーにバイト集中!色の差です!!
イワシと共に帰ってきたんでしょうかカマス!今日もすべていいサイズ! 途中で落としたりショートバイトもありましたがグッドサイズカマスを10匹ほど確保。サバカラーのカマスもいました(笑)?

暗くなって豆アジもラッシュ!!僕はロックステディー、じょーちさんはSlowtimeアジング!...「持って帰ります!」っとじょーちさん!(クーラーはアジの下にカマス満載です(笑))
週末とあって仲間たちからもいろいろと連絡が!ここにきていたるところでまた釣れだしましたカマス!!またまた楽しみです!!

そして豆アジ!泉南も紀北もサイズは同じで少し小さめですが果敢にアタックしてくれます!今夜は「まる山んみ太郎」! イケてます!!

*ZEXUS新シリーズSシリーズを使い始めました。ワンタッチネックベルトも便利、かなり明るくなってます!!より明るくなって脱着機能も増えたSシリーズ、少し値段は上がりますが充電タイプのRシリーズ...悩みますね!どちらも使いやすいいヘッドライトです!!
Dairy | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

3人でサゴシ!!大阪湾ムコイチでした!!

9811.jpg
9814.jpg
985.jpg
986.JPG
9812.JPG
9813.jpg
981.JPG
9810.jpg
988.JPG

987.JPG
982.jpg
984.jpg
983.JPG
9815.JPG

お昼にfbには掲載しましたがblogをご覧いただいてます皆さんへは詳しく!!...
タックルハウス営業マン古賀くんと今日は仕事が休みのY師匠そして僕、3人揃ったので「行っちゃう?」っと大阪湾奥、通称「ムコイチ(武庫川一文字!」)へ! 
まもなく発売となりますタックルハウス最新型ハイブリッドミノー「スチールミノー)ステンレスと鉛でできたミノーです!)」の残り少ない製品サンプル(笑)を持って大阪湾奥で釣れているサゴシ狙いに!!
大阪近郊の皆さんにはおなじみ過ぎるムコイチ=平日から怒涛の込み具合を見せる大阪湾屈指の沖堤防です!この時期ははサゴシに加え、日によってはサワラ、メジロ、小さなシイラ等も回遊中とのことで平日ながらam4:30の一番船には乗れないほどのお客さん!!僕たちは2番船でam 5:00出船。ものの数分で堤防です。
釣り場を確保しまだ薄暗いなか釣り開始、3人とももちろんスチールミノー! っと開始早々、古賀くんのパープルカラーにサゴシがヒット!!活性は上々?日が出始めると上げ潮のタイミングもあってバイトが出始めます!イワシは7cmほどですがルアーのサイズよりは何らかの波動的なものでバイトがある様子?パターンがあるのかないのかわからないうちに釣れます!そのうちに比較的足もとでもバイトが出たので「ローリングベイト88」も投下!...間違いのない「ロリベ」であります(笑)!! 
満潮はam8:00前、わかりやすく潮が緩むと活性は落ちるサゴシくんたち! ひと息ついて完全に日も上がって涼しい北風とまぶしい太陽が差してくるころにまたプチ時合い?きつ過ぎる追い風のせいか足もとのバイトは地味になって今度は遠投した先の表層付近をイメージするとバイトが!!
派手なボイルが出るほどの高活性ではありませんでしたが釣果はじゅうぶん!!!!!使いやすさ抜群のスチールミノー、本当にはやく皆さんにも使って欲しいと思います!!9月中旬、まずは今日のような小型青物には最適なシーバスタックルでも使いやすい31gからのリリース!PE1〜1.5号クラスでライトショアの各種青物はもちろん、ヒラメ、大場所や大型河川などの遠投系シーバスでも是非使ってみてください!みなさんからの声が楽しみです!

昼前には釣りを終え、古賀くんは営業に、Y師匠はどこかへ青物?(笑)そしてタケダさんも大阪市内から池田、南大阪までを駆け巡る「大忙し日」でした!!  で、pm9:30帰宅。さすがに一気に疲れて夜のスズキ探しは諦めました(笑)!!

Dairy | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

タケダ式・元祖 豆アジングのススメ!!

961.jpg
964.jpg
963.JPG
962.JPG


風もなくまったりしていたので今夜も豆アジ!まだ時期もほんの少し早いし数もサイズも昨年とはずいぶん違う状況ですが、一度始まるとついつい夜な夜な行ってしまう秋の豆アジです(笑)
今や釣りをする人で「アジング」という言葉を知らない人は少ないと思いますが、ここ泉南もイカと合わせてアジンガー(アジ釣る人)も驚くほど数多く見かけます! 「とにかくデカいアジ釣りたいねん!」っという人は船に乗るか情報収集と場所取り覚悟で遠投フロートな釣り?になるようですが、アジは年波(周期)やその年の付き場もあるよーなのでなかなか毎度そーうまくはハマりません!!

で、そんなデカアジも楽しいんですが、タケダさんの日常のアジングは豆アジを含めた「お手軽なアジ釣り」が主(だってマイペースで釣れるから!)。
基本は釣り味を考慮して軽量ジグ単。いい魚と群れが来ればピットスティックアジ!というのが僕のテッパンですがどうやら今年はまだアジのサイズも小さく超メジャー場は既にスレまくっているのかタイミングによってはかなりな手強さもあります。そりゃー手軽な場所で20cmクラスがたくさん釣れてくれるようなナイスな場所にお住いの皆さんは最強ですが、いくら地方とはいえそのような場所はそう多くはなくて、結局この激戦区大阪湾や泉南のように「小こいけど釣ったるねん!」っという釣りになります(笑)
...でも小さいからと言ってガッカリしててはイケません!メバルゲームの初期から口酸っぱく行ってますが、「魚のサイズにタックルを合わせる」ことがライトゲーム(小物釣り)の基本の楽しみ方。

ルアー(ジグ単)で釣れる豆アジのサイズはおおよそ10cm〜16cm(それ以上は通常アジングと呼ぶんでしょうか(笑)?)さすがに10cm以下クラスは狙っても物理的になかなか釣れてくれないし、さすがに面白みも少ないので外しますが10cm〜16cmほどのアジはこれはこれでなかなかの面白さがあります!!
キモは「軽量バランスタックル」と「アジのサイズに合わせたジグヘッド&ワーム選び!」 このバランスが絶妙で「そんなもん小さしたら釣れるやろ?」っとどんどん小型化し過ぎる...のは素人考え? 不思議なものでそこはルアー、JHのウエイトがあまりに軽すぎたりワームがあまりに小さすぎてもそれほど劇的に釣れる訳ではありません(ある意味凄い(笑))!!

ズバリ、最もよく釣れる豆アジサイズ=10cm-16cmには0.4g/0.6g/0.8g(もちろん小バリ)あたりが中心。(とにかくアジが湧いていて何グラムであろうが当たってくるとか、0.2gや0.4gで表層を早めに引けば食うとか1g以上でとりあえず遠投さえすれば食ってくるような場合は関係ありませんのであしからず!)
ワームは1〜1.5インチ。(アジが18cmを超えれば2インチ以上も!)

次に重要なのはその軽量ルアー(JH+ワーム)をストレスなく手返し良く釣りができるロッドとリール、そしてライン。(釣果の最先端は糸にあります!)
ロッドはもちろんul6Rocksteady!!(はい、最強です!(笑))
ラインはPEなら0.2号以下、フロロなら1.5ポンド以下、元々細いラインナップのエステルはもちろん!
糸の話になりますが、PE、フロロ、エステルとすべてを毎回使い分ける?なんちゅーのはやっかいな話!糸にはそれぞれ長短の要素がありますから要はまず「使い慣れること!!」これがまた実際PEだけ釣れるとか、フロロだけよく当たるとかいう日もあったりするからコワいけど、まずは「俺はフロロ、俺はPE、俺はエステルかな?」っと選べるくらい使ってみてください!初心者にはフロロの2ポンド以下(出来れば1.5ポンド以下)を進めます。(細いとか言われても、そこは対豆アジなんで!)
バランスタックルと使うサイズのJHそしてワームが決まればもう半分爆釣です(笑)!! あとは豆アジのいる場所&時合いを狙えるかどうか?幸いなことに食欲旺盛な豆アジくんたちの群れは常夜灯下などで直視できたりしますので!

で、ここから!...豆アジが湧きに沸いて「もしかして夢の100匹釣り???」なんて日に出くわせば勝手にアジングはうまくなります(笑)でももちろんいつもそうではありません!今夜のタケダさんのように「ひとりしっぽり堪能」するにはやや活性の下がった豆アジをうまく釣っていくことになります。

もちろんこんな日や場所で100匹釣りはありません!ただでさえ短時間の遊びです。20匹釣れれば100点!10匹釣れれば85点!状況によっては5匹でも、3匹でも満足できる日もあります!釣れた匹数ではない喜び!=「自分が思ったように釣れたかどうか?」

...これこそが釣り、ルアーフィッシングの醍醐味であります!!!!
「表層には反応はなく、目視もできず、、、でもリトリーブを止めると不意に当たったり糸を張りながら沈める(潮に合わせてわずか0.4g0.6g程度のJHを流す感覚)などすると反応が出て、そのうちに投げる距離や角度、沈め方や巻き方で徐々に豆アジの付き場や活性状況が見えてくる釣り!!「食わせる豆アジング」であります!!

 今夜はまさにそんな夜! 0.4gではどうも当たらず、0.6gで沈めるとバイトが出るものの頻繁ではなく、かといって0.8gでボトム近くまで早めに沈めるとまったく当たらず...。無風ベタ凪、水深は2mほどの薄暗い常夜灯の明かりが効くポイントでした。
すでのこの時期沿岸部に(釣れるサイズの)豆アジはたくさんいます。でも全部が全部釣れる場所でもありません。群れの固まる場所や活性の高くなる場所、そして時間やわずかな釣り方の差で一気に反応が変わることも!

こんなタイミング(自分のひらめき?)に出くわして、たとえほんの数匹でも反応があれば大満足の釣りとなりますので!「たかが豆アジ、されど豆アジ(笑)」...こういう遊び方が本来の楽しみだと思います!!
もう一度注意点を言っておきます!
タックルバランスは重要!
糸(ライン)の細さはとても重要!
ハリの大きさも重要!
よく釣れるというワームを使うことも重要!
そして優しく静かにアプローチすること!

...これで思いっきり楽しめます!!!!!




Dairy | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -

雨→豆アジ→青物???

951.jpg
959.jpg
9510.JPG
952.JPG
9511.JPG
958.JPG
956.JPG
953.jpg
954.jpg
955.JPG

Y師匠が来たものの天気もパっとしないので「とりあえず寿司やな?」っと人気の「活魚寿司」へ!新鮮な魚が安く食べれる人気の回転寿司です。でキワモノは「ロシアンルーレットツナ(ひとつだけハンパなくワサビ満載)」.....一度目はたくやに、そして二度目はY師匠に炸裂!!!!!
散々笑ったあと雨もやんでいたので豆アジング、干潮時で超低活性でしたがなんとか?...「ほな次はam4:00に!」...
「僕は寝るから!」(笑)っと朝の青物狙いに出かけたY師匠とたくやくんでありました!!カマスにメッキにアジにチヌに青物のに...っと釣りものはたくさんありますが天気も釣れっぷりもどれもビミョーな9月の初頭の大阪です!!
Dairy | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

初秋の豆豆アジング!!


地域差や年なみはありますが、どうもみなさん最近は時期の釣りものに対して少し早めに動き出す傾向があるような?
イカにアジにタチウオなど気づけばほぼ周年みたいな印象です!まっ、浮足立つ気持ちはわかりますけどね(笑)
...っと言うわけで今年の傾向からは少し早い気もしますが今秋初の豆アジングに!
夏からの想像どおりまだアジは小さくて釣るにはギリギリサイズ?もしかしたらもっと大阪湾内の方が少し大きいかも?
例年であれば、豆アジといっても15-6cmの釣って楽しいサイズの数釣りの季節ですが今年はどうでしょう?ここから1ヶ月の様子を見てみます!...とは言え果敢にアタックしてくるこの豆アジくんたち! 大阪湾・激戦区の豆アジング...それはそれで楽しいところが怖いです(笑)
違いのわかるTAKEADACRAFT「アジのエサ」&Go-Phish ul6Rocksteady!!いよいよ出番です!!





Dairy | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

まったりとチビレ!!





昼に泳ぎすぎてダルいです(笑)!夜は「軽ーくチヌやな?」っとチヌ釣るやつで和歌山へ!開始からチビレの猛攻!
...がしかしあんまり掛からず(笑)2か所回ってお互い顔を見合って「今日はもうええな、帰ろ!」(笑)っと美味しい和歌山ラーメンでシメて終了! よーく遊んだ一日でした!! 筋肉痛ではないこの「泳ぎ疲れ」...ヤバいです(笑)
Dairy | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

大阪湾・泉南ちゅらうみ水族館?(笑)

926.jpg
928.jpg
927.jpg
924.jpg
921.jpg
925.jpg
923.jpg



まだまだ強い日が差す日曜日の午後、「ほな水中から釣り場見に行こかー?」っと地元漁師たちと一緒に素潜り慣行(笑)!
上から見ると濁って見える潮ですが、泉南の水中はきれいです!ガレ場、アマモ場、テトラ場とアジ、メバル、カマス、スズキ場を次々チェック!!チヌやメバルは見えますがカメラを構えるとすぐに逃げるのでなんとか撮れたのはベラだけ(笑)。
水質はよくなって言われるという大阪湾ですが、確かにアマモ場は増えてるような気がします!! 「あぁ夜も潜りたい!(笑)」そんな気持ちにさせてくれます(笑) 
がしかし耐力を過信してはいけません!!49歳9ヶ月のタケダさん、とりあえず足のつかない場所で息が切れて約2回おぼれかけました(笑)みなさん、無理な遊泳は絶対にやめましょう!次は準備体操にシュノーケル&足ヒレ、そして浮き輪持参で挑みます(笑)
Dairy | permalink | comments(0) | trackbacks(0) | - | -

ABUなチヌトップ!!




先日48kgのマグロを釣りあげたという田中くんと、ワーゲンバスにカヤックというお洒落な里田くん、それぞれ別っこに今日はチヌポのようです!!で、いい写真!!
「最近どうなんやろ?」っといろいろとモノがありすぎてイマイチスッキリしない感じのリール事情ですが...言うてもやっぱり少し古めのABUはいいです。(今のABUは知らんけど?(笑))!
僕は自分の希望や立場もあってできるだけいろいろなリールを使うようにしていますが、ここへきてリールも竿も「最新」だけが良いようではなくなってきてる気がします!完璧ではないかも知れないけれど、自分のお気に入りの道具で!...これが良いんだと思います!道具選び中のみなさんへ!...大事なのは自分の気持ちと「写真」ですので(笑)!
Dairy | permalink | comments(3) | trackbacks(0) | - | -

TACKLEHOUSE 9月のNEW! ...その3”TKP135TT”!!

p3.jpg
p1.jpg
135tt2.jpg
ついに二宮さんのブログ(K-TEN Lob.)でも全貌が明らかになりました「TKP135TT」! 若いK-TENファンには待望!僕たち前後世代には驚きと嬉しさ!ウッド製ジャンピングポッパー以来なんと26年ぶりのK-TEN新作ポッパーが発売です!! 
対象魚はマルスズキ、ヒラスズキ、青物、シイラなどサーフェイスで狙える大型魚全般。135mmの今ではやや大型とも感じるチャガーポッパーということもあり僕も早くからほんの少しずつですがお手伝いさせてもらってました!!
 
今回まず最大の驚きは半円型マグネットを使用した最新型K-TENシステム=「RMユニット(ラウンドマグネティックユニット)」採用。...少し広めの部屋を設けた内部、半円形状のマグネットに張り付いたタングステン球は「点で張り付く」その不安定さゆえ常に不規則な微振動を続けます。そうです、重心移動システムのなかにRユニットの機能や思想が一体となった全く新しいK-TENシステム!! このユニットは目には見えない微振動から実際のポッパーのアクションにまで様々な好影響を与えてくれます!

停止姿勢は立ち浮き。そしてまだ詳細には語られてはいませんが独自のカップ形状とフォルム(引き波効果については是非二宮さんのブログを!)そして驚きと興奮のBFC=バードフリーズカップなど蓄積されたノウハウやアイデアが詰め込まれたポッパーです!

僕のテストの感想は、サイズを感じさせないK-TENらしい軽快感と抜群の飛距離。135mmながらまるで100mmクラスのポッパーを扱っているような軽い使用感!もちろんK-TENらしい愛くるしい顔とフォルムです!フックはカルティバST-46#1が標準装着、ST-56#1も装着可能です。

K-TENからCONTACTへ広がった様々なTACKLEHOUSEのサーフェスプラグ。入手困難なジャンピングポッパーも、実勢の高い定番「FEED POPPER」シリーズ、そして今回のTKP135TTとそれぞれのルアーの特徴を是非実感していただきたいと思っています!

キャリアや好みによっては安易に扱われることもあるポッパー。僕のヒラスズキ釣りをご存知の皆さんには説明不要ではありますが、ミノー以上に極めれば極めるほど奥の深い世界があります。みなさんも是非この秋から「自分の使い方」を実践してみてください! オフショアはもちろん、サーフにリバーに荒れた磯に!!ウエイトは41gありますから、しっかりとしたスピニングタックルはもちろん、是非ベイトタックルでの使用もおすすめいたします!!
カラーはおなじみK-TENカラーに一部青物対応カラーを加えたTKP135TT定番色と初回カラーとして「K-TEN30TH」ロゴ入りモデル、二宮さんのMNカラー2色、R&DカラーとしてGo-Phishカラーも2色が発売されます。初回限定カラーはなくなり次第終了しますので是非ストックも含めてお早めに最寄りの釣具店さんへご注文下さい! 発売は9/中旬ごろの予定です! 


8311.jpg
Dairy | permalink | comments(2) | trackbacks(0) | - | -